3日間のレッスンを終えました。アシスタントの活躍ぶりもご報告!

スポンサードリンク


火曜から、高砂・八幡・柳島と3日続けてレッスン!!

高砂レッスンには新たに体験レッスンへご参加いただいたママさんがいたり、

八幡レッスンには娘を同伴させて頂いたり、

本日の柳島レッスンは、以前お世話になっていたファミサポのサポーターさんに久しぶりに娘をお預けすることができ、

いろいろなケースでのレッスンとなりました。

それぞれたった1コマのレッスンなのですが、毎回たくさんのドラマがございます(笑)

 

 

高砂コミセンにて。赤ちゃん2人と2才のお姉ちゃんで賑やか!

 

 

「預け先に困る」に直面

 

レッスンを行う日は事前に娘の一時保育や昼食の有無などを調整して臨みます。

場所や時間の予定を立てたり、レッスンの内容を考えたり、進行中のレッスン内容をどのように膨らませていくか考えたり…

考えることは尽きませんが毎日が私にとっても娘にとっても刺激になっています。

 

私がレッスンを始めたのは3月ごろでしたが、その時の娘はまだ今ほど

大人の言葉を理解しておらず、レッスンに同伴させるのは少々無理がありました。

良い言葉で言えば「人懐っこい」ので、体験レッスン中に私ではなく生徒さんである

他のママさんに絡むことが多く、ヒヤヒヤさせられる私は説明どころではありませんでした。

 

その為この春には、本来入れるつもりのなかった保育園の申請をしたり、ファミサポや一時保育を行っている保育園に登録したり、

とにかく娘の預け先に奔走していてしばらくレッスンの事を考える暇がなくなるほど。

預け先に悩むことは予想していたよりも辛く、働くママさん達の苦労が少し見えてきましたし、

これから表へ出て働こうと考えるママさんの壁になるであろうことも予想できました。

私のステータスでは、当然カンタンに保育園など入れないのは理解しているのですが、フルタイムで働いていても

保育園に入れられないママさんもいらっしゃると聞くと、本当にここ最近の待機児童問題は早急に何とかしてほしいと思いますね。

 

私も娘も2年弱のキャリア

 

ついこの間までそんな様子の私と娘だったのですが、最近のレッスンで娘を少しずつ同伴させるうちに…

あれ?

少しずつアシスタントっぽくなってきた?

と感じる事が多くなりました。

娘は8月で2歳になりますが、まだ2歳です。

でも、もう2歳です。

イヤイヤはそれなりにありますが、注意されていることが「いけないことなのだ」と必死に理解しようとしていますし、

理解して行動できることも多くなってきました。

それに、母親の私が怒ったり不機嫌になったりすることを気持ちいいと思うはずはありません。

 

「赤ちゃんに近づいてはいけないよ」

「赤ちゃんに触ってはいけないよ」

「自分より小さい子がいるから、気を付けて遊んで」

 

そんなふうに教えていた結果、彼女なりに考えるようになり、必要以上に赤ちゃんに近づいたりすることはほとんどなくなりました。

それどころか、特に教えていないのに赤ちゃんに近づいて挨拶するときは床に這いつくばるようにして目線を下げるのです。

 

「まだ」2才だけど「もう」2才になるんだなぁと思うと、感慨深くなるのとともに成長が感じられて嬉し淋しくなります(笑)

 

八幡コミセンにて。窓を覗きながら赤ちゃんを待つ娘。

 

 

立派なアシスタントぶりに驚く!

 

先日、娘を同伴してのレッスンでのこと。

赤ちゃんにお渡しして遊ぶためのおもちゃを片づけるため「Clean Up」の曲をかけ始めました。

おもちゃを使用するときにはだいたい絵本を読む前に片づけます。

この曲は娘がまだ赤ちゃんだった頃から時々私が歌っていたので、お掃除・おかたづけの時の曲と認識しているのです。

自宅で「Let’s clean up!」と声かけをしたり、片づけながら歌ったり、CDをかけて曲を聴かせながら片づけるところを見せていました。

最近は日本語でも「おかたづけ」を理解し、「遊んだあとはおかたづけをするもの」だと習慣づけていたところだったのですが…

 

音楽を流して私がおもちゃをカゴに入れ始めると、娘もそれを手伝い始めたのです!

自宅ではまだあまりお片付けはしてくれないことの方が多いのですが…この時ばかりは私もちょっと感激^^

「Clean Up」の曲の内容と動作がしっかり結びついています。

手遊びをマネすることはありましたが、お片付けができるようになるとママもらくちん!!

同じ歌詞の繰り返しが多く、テンポがよいので私もついつい口ずさんでしまう曲です。

おうちでもぜひ歌ってみてくださいね!

 

[su_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=SFE0mMWbA-Y” width=”300″ height=”200″]

 

 

また、絵本の時間にはゾウさんの絵を指さして「What’s this?」と聞いてみると

「Elephant!!」

と答えて生徒のママさんを驚かせました。

実をいうと私は娘にではなく、赤ちゃんに問いかけたつもりだったのですが^^;

しっかり見本となって答えてくれたのでこれまた驚きました。

きっと一年と少しあとには、ここに座っている赤ちゃんが現在の娘のようになるんだなと思うと、とっても楽しみ!

 

ママの声=最強のBGM!

 

かつて私がそうだったように、赤ちゃんのおしゃべりが始まるまでのあいだ、

ママは孤独に語りかけをしているように感じる事もあるかもしれません。

でも、お子さんはちゃんと聴いています!

お腹にいたときからずっと聴いているママの声ですもの。

意味はわからなくてもママの声は心地いいもののはずですし、悪い影響を与えるはずはありません。

日本語でも英語でもお歌でも独り言でも…

「あ~あ、間違っちゃった」なんてつぶやきも(笑)

短くてカンタンに覚えられる英語のお歌はたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

柳島コミセンにて。定番曲から少しストーリー性のあるお歌までたくさん!!

 

 

今後の同伴について

 

現在、比較的月齢が上のお子さんをお連れのママさんには、事前に了承を得たうえで娘をレッスンに同行させておりますが、

これから夏休みシーズンになると一時保育に預けることが一層難しくなってくることが予想されます。

また、ファミサポのサポーターさん達もそれぞれお子さんがいらっしゃったりで、長期休みはお預けすることができないことが多いです。

夏の間は同伴を基本とさせていただくかと思いますのでご了承ください。

ますますいい見本になってくれることを願っています!

スポンサードリンク


スポンサードリンク